ソファ

身体に触れるものだからこそ、毎日気持ちよく使いたい。

 

クッション材やカバーは消耗品ではありますが、

定期的にお手入れを行えば、長く気持ちよくご使用していただくことができます。

ご使用上の注意点

-

1:直射日光の当たる場所でのご使用は、張地(生地・革)の変色や色あせの原因となります。

2:ストーブやヒーターなどの暖房器具の熱により、家具に損傷を与える原因になることがあります。

3:身に着けた尖ったもの(指輪・ベルトのバックル・鍵など)またはペットの爪などは、

  生地のほつれやひっかき傷の原因になりますので、ご注意ください。

4:ソファの上で飛んだり跳ねたりの行為は、フレームにダメージを与えクッション性を損ねます。


布カバー(1)|普段のケア方法について

-

1:表面を軽くたたき、掃除機でホコリを吸い取ってください。

 (掃除機の先にブラシを付けてお使いいただくとカバーに傷がつきにくくなります)

2:コーヒー等の汚れがついてしまった場合は、水分を十分に吸い取った後、少量の中性洗剤を含ませた

   ぬるま湯に柔らかい布を浸し、固く絞ってから叩くように汚れを取り除いてください。

   最後に乾いた布で水分が残らないよう、しっかりと拭き取ってください。

   ※無理にこすったりしますと、汚れが広がり生地によっては色が落ちる場合がありますのでご注意ください。

   


布カバー(2)|洗濯について カバーリングタイプが対象となります

-

1:製品の性質上、基本としてドライクリーニングでお願いいたします。

2:様々な組成のファブリックを使用していますので、必ずカバーに付いた洗濯表示のご確認をお願いいたします。


クッションのケア方法について

-

1:定期的にクッションの左右を入れ替えることで、クッション性を長く保つことができます。

2:フェザークッションの場合、週に1度ほど軽くたたいて空気を内部に送り込んでください。

  内部の湿気を外に掃出し空気を送りこむことで、羽毛が復元しふっくらとした座り心地が戻り型崩れも防げます。

3:年に2~3度ほど、風通しのいい場所でカバーを外し陰干しをしてください。その際も左右空気を入れるように

   軽くたたきクッション内部を乾燥させます。へたりにくくなり、気持ちのいい座り心地が持続されます。