素材について

素材の選び方、組み合わせ方、これも大切なデザインの要素と考えております。

 

見た目だけではない、触った時の感触や、光に当たった際の陰影、またその香りなど

素材は様々な場面で五感に優しい刺激を与えてくれます。

■オリジナル家具に使用される素材について■

 

カーフのオリジナル家具は、木目をプリント(フェイク柄)した材などは使用せず、本物の無垢材や突板材を素材感を活かした仕上げにて、製品化しています。

 

またデザインによって、金属製品や革など素材の組み合わせることで、豊かな表情と個性の演出を施しています。


■ホワイトオーク材について■

 

北米産のブナ科の広葉樹で、ウイスキー樽用材等でも有名で、どんぐりが実る木でお馴染みの木材です。


堅くて重厚かつ強度が高く、耐久性に優れ、とても美しい木目になります。


ホワイトオークには、虎の斑紋のような虎斑(とらふ)と呼ばれる模様が現れる場合があります。
人によっては虎斑の模様が嫌がられる方もいらっしゃいますが、むしろ虎斑が多いという事は栄養分を蓄えている組織が多く良材であり、他の木目とは光沢が異なって銀色にも見える為「銀杢」とも呼ばれ、美しく木目を彩ります。

 

カーフのオリジナル家具ではメーンで使用している材となり、現在のインテリアシーンにおいて欠かせない人気の木材となります。


■ウォールナット材について■

 

クルミ科クルミ属の落葉広葉樹で、日本では“クルミ”と呼ばれています。

家具で使用する場合、一般的にはブラックウォールナットの事を指します。

 

加工後の狂いが少ないため、かつては飛行機のプロペラに使われたことがあるそうです。

 

辺材から心材にかけての様々な色がグラデーションを描き、美しい模様の表情を形成します。

 

衝撃に強く、割れにくく、ウォールナットはチークやマホガニーと並ぶ世界三大銘木とも言われる高級木材で、家具材として非常に人気のある木材です。

 

ウォールナットの色目は時間の経過と共に徐々に明るく柔らかい表情になっていくのも特徴です。